目立たない矯正

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

見えない矯正法

従来ですと歯の表側(唇側)に矯正装置(ブラケット)を接着し、これに細いワイヤーを通して歯の移動を行ってきましたが、リンガルブラケット矯正法では、歯の裏側(リンガル)に装置(ブラケット)をつけワイヤーを通し歯の移動を行います
リンガルブラケットも当初は大きく、舌感が悪く発音にも障害がありましたが、最近のブラケットは非常にコンパクトになり、上のような障害は問題にならなくなっています。(右写真)
歯の裏側に装置をつけますので、当然外からはまったく見えません。
ですから、この方法で矯正治療を始めれば人に気づかれずに歯並びを直すことができるわけです。
社会生活の中で、大人が歯の表面に装置をつけていること自体に抵抗を感じていた方も、これだと本当に抵抗なく治療を受け入れることができると思います。

過去には、舌側矯正は治療結果が今ひとつと言われた事もありましたが、技術、装置の進歩もあり、唇側からアプローチする従来の方法と比較しても、治療結果はあまり変わらないレベルまで来ています
ただし、これは術者によります。
誰がしてもそうとは言えませんので悪しからず。
症例集の中に、当院でリンガルブラケット法を用いて治療した症例がありますので、参照してください。

目立たない矯正

矯正器具が目立つことを懸念されている方は多いと思います。
そこで開発されたのが、矯正器具が目立たないよう、歯の裏に矯正器具を装着する舌側矯正(裏側矯正)です。
特に女性や営業・接客関係のお仕事をされている方には人気の治療方法です。

舌側矯正のメリット・デメリット

舌側矯正(裏側矯正)は、とにかく「目立たない」ということが最大のメリットですが、他にも、歯の表に器具が装着されていないため、歯の位置が改善されていることを確認しやすいというメリットもあります。
一方で、デメリットとしては、高度な技術が必要なため費用がやや割高になる、歯に加わる力が弱いため治療期間が長くなる、慣れるまでは発音しにくいといった点が挙げられます。

舌側矯正を受けるにあたり

舌側矯正(裏側矯正)は、見た目を気にせずに受けられる矯正治療として、ここ数年で認知度が高まってきました。
しかし、使用する装置の種類や治療方法の詳細は、医院によって異なるため、舌側矯正(裏側矯正)は矯正認定医が在籍している医院で、治療を受けるようにしましょう。

みやもと矯正歯科医院 オフィシャルサイト小児矯正サイト院長の独白
tel_bt_sp.png
メールでのお問い合わせ
TEL:0745-73-4041 メールでのお問い合わせ