大人の歯列矯正

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

大人の歯列矯正(成人矯正)

歯の矯正治療は、子供だけが受けられるというわけではありません。
大人になると、仕事や家庭との関わりがあり、矯正治療を始めることに躊躇してしまう方もいらっしゃると思いますが、当院では様々な矯正治療方法を取り入れており、患者様一人ひとりに合った方法をご提案させて頂いておりますので、まずはご相談頂ければと思います。

大人の歯列矯正のメリット

外から見えない装置が利用できる

成人の歯列矯正で最大のメリットは、歯の裏側に矯正装置をつけられるという事です。
子供の場合は歯茎から出ている歯の部分が短く、歯の裏側に装置をつけることは不可能ですが(多くの場合その必要はないですが)、成人の場合は歯が長く、例えば上の歯の裏側に装置をつけてもその装置と下の歯が噛んだらあたるという事は少なくなるからです。
ですから、歯の裏側から矯正する「リンガルブラケット法」という治療が積極的にできます。

「リンガルブラケット法」では、装置が外側から見えませんから、人に気づかれずに歯並びを治せるわけです。
裏に装置をつけるとしゃべりにくいと想像されるかもしれませんが、最近は装置に工夫が施され従来と比べ格段と小さくなっています
普段と同じように会話ができますので安心してください。
これが大人の歯列矯正の1番のメリットです。

もちろん、成人の場合でも歯の表側に装置をつけて治療は行えます
この場合当院では、前歯には白色系の装置をつけたり、白色にコーティングされたワイヤーを用いたりしてできるだけ装置が目立たないように配慮しています。

歯周病の予防効果が高い

成人の場合、歯を失う原因は、虫歯ではなく歯周病です。
歯が叢生状態(ガタガタしている状態)で並んでいるとき、普通にブラッシングをしていたのでは歯垢(歯の表面にこびり付いているたべかすで、それを栄養として細菌が増殖するので、実際のところは細菌の塊のこと)があちこちに残ります。
磨き方を改善しなければ常に同じところに歯垢がついており、そこから歯を取り巻く骨(歯槽骨)を溶かし歯周病が進行していきます

一方、歯がきれいに並んでいると、普通にブラッシングしただけで歯垢は除去され歯周病の予防につながります
(ただし、歯と歯の間は歯ブラシだけでは歯垢は取れませんので歯間ブラシを使いましょう)

部分的な矯正治療を受けただけでも、その効果は大きい

成人の場合、例えば、下の大臼歯を若い頃虫歯が原因で失いそのまま放置し長い時間がたっている状態が良く見受けられます。
この場合奥の大臼歯が前に倒れます。
この状態をレントゲン像で見ますと、倒れた歯の前の歯槽骨がロート状に吸収されています
すなわち、ここから骨がより深く吸収され歯周病がどんどん進行していくのです。
当然前に倒れた歯は上の歯とうまく噛んでいません。
この状態のままで歯のないところを一般の歯科処置のみで補おうとしても依然として歯周病は進み、やがてこの歯も失うことになります。
そうすると、こういう処置は「治療」とは言えないのではないでしょうか。
ではどうすればいいのでしょう。
まずは部分的な矯正治療を行い、倒れた歯を後ろにしっかり起こさなければなりません
それが終わってから一般の歯科処置で歯のないところを補う治療をします。
言葉ではこれだけのことですが、前に倒れた大臼歯を後ろに起こすことはなかなか難しいことで、部分的な矯正治療であっても矯正専門医に治療を任せた方が良いと思います。

治療に対する目的意識が高いので、矯正治療のside effectが少ない

子供の場合、親に連れられて目的意識の低いまま治療に入ることが多いので、ブラッシングという邪魔くさいことを怠り虫歯をつくってしまう場合もあるのですが、成人の場合、何のために矯正治療をしているかと言うことが明確ですので、当然ブラッシングにも熱心で、治療後虫歯もなく、きれいに歯が並んだ状態で終える事になります。
また、治療の途中に上下歯列間にゴムを1日中かけてもらうことがあります
子供の場合は、その必要性を事前に説明してもそれを怠る場合が多いのが実情で、そうすると歯は予定外の方向に移動してしまいます。
成人では、なぜ必要かをしっかり理解していただけますから、要求通りにかけてくれますので治療がスムーズに進んで行きます
このように、期待されている協力が得られているか否かにより、歯の動きが予定通りに行くか否かに別れていきますので、目的意識が高い成人のほうが協力的で、治療結果が確実に得られるということになります。

年代別の特徴

20代

初対面の人と合う時、やはり一番に見られるのは顔です。そして、顔の印象を決める大きな要素の一つが口元です。歯並びがきれいになると、自信を持つことができ、表情まで変わっていくことも珍しくありません。
大人になってからでも矯正治療は決して遅くはないのです。

30代

30代になると、仕事や子育てなどで忙しく、なかなか自分自身の身体のメンテナンスに意識がいきづらくなってしまいます。
しかし、歯並びが悪いと、社会的評価にも影響すると言われており、営業・接客に関わる方、そして子育てが一段落した方など、歯の矯正を始められる30代の方は年々増えています。

40代

ひと昔前は、矯正治療は若い人がやるものであると考えられていました。しかし、今はそんなことはありません。歯並びが悪いと、見た目が気になるだけでなく、虫歯・歯周病・肩凝り・頭痛など、全身の様々な健康を害する可能性があります。
歯並びをきれいにして、見た目の美しさと健康の両方を実現していきましょう。

50代

自分の歯でおいしい食事を噛めるというのは、ライフ・オブ・クオリティ(QOL)を維持するために、とても重要なことです。
歯並びをきれいにして、健康な歯をできるだけ長く保っていくようにしましょう。当院の矯正治療は、年齢制限がなく、何歳になってもきれいな歯並びを実現するための治療を受けて頂くことができます。

子どもの歯列矯正と比べて

子供は、年々顎が成長していくため、時期を考えながら治療を進めていく必要がありますが、成人になると顎の成長が終わっているため、いつでも気付いたときに治療を開始して頂けます。
また、治療を実際に受けられる患者様ご自身の意思を反映しやすいため、スムーズに、満足度の高い矯正治療を行うことができます。

みやもと矯正歯科医院 オフィシャルサイト小児矯正サイト院長の独白
tel_bt_sp.png
メールでのお問い合わせ
TEL:0745-73-4041 メールでのお問い合わせ